• スライド1
  • スライド2
  • スライド3
  • スライド4

嬉野の街なかでつくられる湯上がりの一杯

  • 人気

虎之児 古湯セット

1,200 円(税込)
街なかで一際大きな蔵造りの店舗と、酒造り唄が響く井手酒造。商店街に構える造り酒屋でつくられる銘酒『虎之児』。明治元年、九州の米どころ・佐賀の米と嬉野の清流を生かした酒造りを目指した初代が開いた酒蔵。甘口が多い九州の中でも、特に甘口の地元で好まれる日本酒です。純米酒の小瓶とおちょこが2杯付いた『古湯セット』で、虎之児を望む温泉公園に腰かけ、夫婦や仲間と交わす杯。最高な旅のひとときをお楽しみください。
  • 拡大写真
  • サムネイル写真
・嬉野交流センターでは販売は致しておりません。
・「井手酒造」にてお買い求めください。

価格: 1,200 円(税込)

お店で買う

この商品について問合わせ

※店頭販売でのみお買い求めいただける商品です

虎之児 古湯セット

女将と4人の蔵人たちが守る、

嬉野伝統の地酒
嬉野でお祝いごとといえば、決まって虎之児の鏡開き。そのくらい、地酒・虎之児を愛してやみません。明治元年創業の歴史を守り続けるのは、女将の洋子さんと、柳川杜氏の教えのもとで培った酒造りの技を守る蔵人たち。蔵の奥は、仕込みの冬場、蔵人たちが寝食をともにする生活の場。温泉公園から見える虎之児もいいですが、虎之児から眺める風景もまた格別。蔵開きなどでは一般公開もされています。

虎之児がつくられるところ

夢にも思わなかった、酒蔵の舵取り
嫁ぎ先の家業である酒蔵を手伝いはじめ、若くして先代がなくなり、義母と二人で酒蔵を切り盛りすることなった洋子さん。後を継ぐはずの旦那は銀行マンで、酒蔵には一切興味がなく、結婚する前は自分が酒蔵を継ぐことになるなんて夢にも思わなかったそう。無縁だった酒造りをゼロから学び、3人の子どもを育てながら酒蔵を営む、洋子さんのバイタリティといったらすごい。

井手酒造の日々

酒造りだけでなく、誰もが楽しめる酒蔵に
戦後まもない頃から、バブルで嬉野が観光客で溢れかえった時代も、地道にたくましく酒蔵経営をしてきたかと思うと、その苦労は想像を絶します。通りに設けた直販店舗、仕込み道具を展示した気の利いたギャラリー、街を歩くと聞こえてくる酒造り唄のBGM、春先の酒蔵開き、丁寧につくられたWEBサイトなど、酒造りへの尽力だけでなく、虎之児の魅力をどういろんな人に知ってもらうか、人一倍試行錯誤されたことでしょう。

虎之児にまつわるストーリー

宇宙を旅する「虎の子」と、「虎之児」初代の思いが、130年の時を経て重なる。
店内やギャラリーに飾られた「はやぶさ」の記事。実は、『虎之児』のラベルが小惑星探査機「はやぶさ」の性能評価書の表紙に使われ、宇宙を旅したというのです。JAXAの性能評価書には日本酒のラベルを引用する習慣があるそうで、宇宙工学者の的川教授の目に偶然止まった『虎之児』が、宇宙を旅する虎の子という教授の思いと重なったそう。洋子さんが守り続けた先代の思いが、はるか宇宙を旅する奇跡を与えてくれたのでしょう。

販売店

Shop Info

井手酒造

営業時間 8:30~18:00
店休日 日曜日
住所 〒843-0301 佐賀県 嬉野市嬉野町下宿乙 806-1
TEL 0954-43-0001